カテゴリー別アーカイブ: 未分類

笑顔で女子力アップ!

最強の女子力と言うのは、外見も内面もそろっていることで、磨きがかけられ、魅力を出せるのです。外見だけ、内面だけでは、本当の女子力とは言えません。外見が美しくても、とんでもない大嘘つきだったら・・。 内面はとても誠実でも、外見が奇抜で不快感を感じるぐらいだったら・・。時には、そのギャップが魅力になることもありますが、多くの場合、常識の範囲内で女子力を損なわないということは、人間的な魅力になったりもします。人は安心感を覚えるのです。ある程度社会経験をつんでいくと、笑顔が自然とできたり、そのばの雰囲気に合わせる能力を自然と身につけることができます。状況を判断してから自分の行動を移すことができるのです。子どもは、自我が強いので、その場その場の対応しかできません。すぐにおこったり、笑ったりできるのは、子どもだから。でも、時にいい歳をした大人でも、すぐかっとなったり、場違いの場面で泣いたりする人がいます。。でも、自分を客観的に見てみると、どうでしょうか。意外にも、今までの怒りや悲しみは、馬鹿馬鹿しく思えます。怒りや悲しみを他人に出すことで、周りも同じような気持ちになってしまうこともあると言うことを知ってください。どうせなら、笑顔の耐えない毎日にしてみてはどうでしょうか。笑顔と言うのは、その人の印象を与え、人に不快感を与えません。人見知りで、話しかけられない人もいるでしょうが、意外と話しかければ、返事が返ってくるので、会話が弾みます。自分を客観的に見ることは、女子力アップの秘訣でもあります。こんな人になりたい!という気持ちで内面を磨いて見ましょう。

香りで女子力アップ!

普段、香水などを付けている女性って、女子力も高いです。でも、場合によっては、付けすぎた香水の臭いに気分が悪くなってしまう方もいますので、適度に香らせることが重要です。時々、すれ違ったときにふわっといい香りがする女性っていませんか? そういう女性って、身なりもきれいで、清潔感のある女性である場合がほとんどなので、女性からしてもとても魅力的に感じます。これが男性の立場だったら、もっと魅力的に映ることでしょう。最近は、アロマテラピーなどが人気で、リラックス効果があると、注目されています。香りでリラックスすると言うことは、その香りを付けている人にも安心感を抱きやすいことにもつながります。香りは、なにも香水をわざわざ購入してつける必要はありません。髪の毛の長い方なら、香りのあるシャンプーやヘアウォーターなどで、香らせてみては。 また、最近は洋服の柔軟剤もバリエーションが豊富で、あたかも香水を付けているかのように、香らせる柔軟剤もあります。動いたときに、衣服の摩擦で香るものなど、機能的なものまであります。また、ボディーローションもおススメです。肌の保湿剤にもなりますし、香水にもなります。特に夏場は、汗をかくので、こまめにボディーローションでふき取ったり、ボディーシートを活用するなどして、汗臭さを回避しましょう。どんなものも、使いすぎは、周りに不快感を与えてしまいますので、適度に香らせることに注目して、女子力をアップさせましょう。 

「ゴルフボール」「マスク・ベルト」で小顔になる

「ゴルフボール」で小顔になる

小顔グッズとして意外なものが「ゴルフボール」です。ゴルフボールを回転させながらマッサージすると、顔の内部に滞っている老廃物をリンパの流れを良くし、排出させることができます。

時間の空いた時や、入浴中、家事の合間などでも行え、効果がすぐ実感できるので、ゴルフボールマッサージをしている女性が多いのだそうです。

1.口角付近から頬骨に向かってボールを回転させながら持ち上げるようにクルクルさせます。
2.アゴのラインに沿ってボールを耳たぶの付け根に向かって転がします。
3.こめかみから頭のてっぺんまでボールを転がします。
4.耳の付け根から鎖骨に向かって、ボールを入れ込むように転がします。

力を入れ過ぎず、心地よいと感じる程度で行います。マッサージは下から上方向に行い、毎日少しの時間でも行うと効果が定着するようです。

「マスク・ベルト」で小顔になる

目以外の顔をすっぽり覆ってしまうタイプの小顔対策マスクがあります。
サウナマスクは顔全体をゴムやアルミ製のマスクで覆うことによって、大量の汗を出して小顔を目指すというものです。

また、マスクの内側に柔らかい突起がいくつもついた「ゆがみ顔レスキュー」は、突起が顔のコリをほぐして表情がやわらかく見える効果が期待できます。

効果は個人差がありますが、通販でも街の雑貨屋さんでも手に入り、値段も1000円くらいからと安いのが好評です。

「小顔補正ベルト」というものものしいネーミングですが、入浴タイムにも使用できます。下膨れや二重あご対策に効果があるといわれます。
目尻ようの補正ベルトもあり、これはリフトアップ効果があるのだそうです。

お値段は1000~3000円程度で、雑貨屋さんやドラッグストア、通販で購入できます。

「ツボ押し」「顔ヨガ」で小顔になる

「ツボ押し」で小顔になる

お顔がむくんで、フェイスラインも崩れて、お化粧しても隠せない状態になってしまった経験はないですか?

むくんでいると思ったら、少しの時間でもツボ押しをしてみてください。
効果は長続きはしないかもしれませんが、続けることでむくみが取れて、フェイスラインが戻ってきます。さらにツボ押しを続ければ、カラダの内側のエネルギーである、「気・血・水」のバランスをスムーズにします。

むくみやくすみ、乾燥に効果があるツボは、口角の外側にあるツボ、「血倉」です。
心地いいくらいの力加減で、ゆっくりと押します。左右同時に5秒間ほど押してからゆっくりと離す動作を5回行います。
気の巡りを良くし、乾燥肌を改善させ肌色をワントーン明るくして、むくみとくすみ解消対策が期待できます。

シワ・たるみ・小顔に効果があるツボは、「承漿(しょうしょう)」といって、下唇の下の少しくぼみがあるところの少し下の部分。
押し方は、中指と薬指の腹で、5秒間押し、ゆっくりと離すことを5回。

肌の代謝が活発になり、皮膚の乾燥や代謝がアップします。そのため顔全体と首のむくみが改善され小顔効果も期待できます。

「顔ヨガ」で小顔になる

小顔になるためのヨガがあることをご存じでしょうか。
テレビ番組などでも紹介されたり、動画でも見れたり、DVDも販売されています。

顔ヨガとは、顔の筋肉を縮めて伸ばしてリラックスさせるトレーニングです。
表情筋をめいっぱい使う運動だといえばわかりやすいと思います。
そのやり方を紹介しましょう。

<くちゃくちゃぱっのポーズ>
1.鼻から大きく息を吸い、目・鼻・口をおもいっきり中心に集めて息を吐く。
2.顔の筋肉を一気に脱力、解放します。口もメモ大きく開けて「ぱぁっ」と言う感じに。

<ビックリスマイルのポーズ>
1.目を大きく見開いて、口はつむったまま口角を上げて歯をみせて笑います。
2.下唇を内側に巻き込みアゴを前に出す。
3.人指し指と親指で頬肉を挟んで輪を作るようにして押し上げ、その場所を記憶させるイメージで行う。

<亀のしあわせのポーズ>
1.下唇を上唇にかぶせて口角を上げる。
2.アゴを突き出して天に向かって首を伸ばす。

<こめかみリフトのポーズ>
1.頭を倒す方と逆の手を斜め45度に引っ張るように伸ばす。指は親指と人差し指、小指だけを伸ばす。
2.右手で頭を上から抱え込むように、左のこめかみを引き上げ頭を横へ倒す。
3.頭を倒した方に舌を思いっきり伸ばして息を吐く。反対側も行う。

参考・・・【ホットヨガの効果を検証中】運動大嫌い25歳干物女がホットヨガに挑む!

「注射」「骨削り」「首のリンパ流し」で小顔になる

「注射」で小顔になる

骨を削らないプチ整形が、小顔注射です。
小顔注射は筋肉に注入する治療で、熟練の技術を必要とします。筋肉・脂肪のつき方を熟知していなければ、高い効果を出すことができないのです。

注射で小顔になるってどういこと?と思いますね。
フェイスラインの「エラ」の部分には咬むことで鍛えられた咬筋という筋肉があります。この咬筋がたくましい人はどうしても顔が大きく見えてしまうのです。

小顔注射ではこの咬筋の働きを抑えることでフェイスラインをすっきりとさせ、小顔効果を出そうというものです。咬筋の筋力を弱めても困ることはありませんので安心です。咬筋の発達具合は人様々なので、発達具合に適した注入量を調整するため、効き過ぎて表情が不自然になることはないといわれます。

ただし、歯ぎしりのひどい方や硬いものを好んで食べる方などは、咬筋の筋トレをしているようなものなので、リバウンドしてしまうこともあるそうです。その場合は、1~2年に1回程度の頻度で小顔注射を行う必要があるそうです。

「骨削り」で小顔になる

顔が大きいことで悩んでいる方の多くが、エラが張っているといいます。
エラが張った顔は、頑固でいかついイメージになり、さらに顔が大きいという印象にもなります。

このエラが筋肉や脂肪ではなく、骨格が原因ということになると、骨を削る方法がベストだと思われます。

手術は奥歯の歯茎の下を切開して、出張ったエラの骨と余分な筋肉を取り除きます。口の中からの手術なので、傷跡が見えません。
術後はまさにビフォー&アフターがはっきりとわかるフェイスラインとなります。

施術は2時間ほどで終わりますが、全身麻酔で行うので、3日間くらいの入院が必要となります。費用も小顔注射の10倍ほど、約1,200,000~1,800,000円ほどかかります。

永久的な効果が欲しい方や、やさしい印象の顔立ちにしたい方に向いた方法です。

「首のリンパ流し」で小顔になる

朝起きて、鏡を見るとなんだか昨日より顔が大きくみえることがあります。
そんな時は「むくんでる」と思いますよね。たいていの方は2~3時間もすればいつもの大きさに戻るのですが、疲れがたまるとむくみが日常化して凝って、こわばってきます。

老廃物も流れにくくなり、そのまま定着してしまい顔太りという結果を招いてしまいます。人からは「太った?」などと言われてしまいます。

顔のむくみは、日々のお手入れの際のマッサージで解消できます。
むくみの原因は水分と老廃物です。リンパの流れをよくすればすっきりするので、さっそく実行しましょう。

マッサージの前には手で温めたオイルなどを顔全体と首に塗り、首のマッサージをします。首の後ろを両手のひらで首筋にそってなで下します。次に耳の下の耳下腺を両手中指で軽く押します。両手で耳下腺から鎖骨へ軽く流して、そのまま鎖骨の中をきれいする感じで肩先へ流します。鎖骨から脇の下のリンパ節へ流し込み脇の下を軽く抑えて終了です。

「メイク」「ローラー」「マウスピース」で小顔に

「メイク」で小顔になる

一番簡単だと思える、小顔メイク。毎日のメイクタイムは小顔を意識して行っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

今、注目されている小顔メイクは「3Dメイク」。すでにメイクに取り入れている方も多いと思いますが、顔の立体感を出すには陰影をつける「シェーディング」と「ハイライト」が大切なポイントです。この二つを取り入れるだけで、小顔効果が出て、外国人っぽくなります。

ハイライトはTゾーンや頬など、顔の正面にいれますが、シェーディングは顔のサイド、フェイスラインにいれます。このテクニックが上手になれば顔にメリハリができて小顔効果がアップします。

ハイライトに使用する化粧品は、白や白に近いカラーを使います。使い方はTゾーン・目の下・頬骨など顔の高いところにサッとのばします。

シェーディングは影ですから、肌の色より暗めのカラーを選びます。ただし黒すぎるカラーは不自然になってしまうので注意。またパールが入っているのも光ってしまって小顔効果を減少させます。シェーディングは塗っていることに気づかれないことが重要です。

「ローラー」で小顔になる

小顔ローラー、若い女性なら一つは持っていると言われる小顔グッズ。コロコロ転がすだけの手軽さと、即効性のある小顔効果で大人気です。

小顔ローラーといっても実にたくさんのタイプがあり、さらにお値段も100円から何万もするものまであります。どれもそれなりに効果あるのが幅広い年齢層から人気がある理由です。

地道に続けられる人や値段や機能にこだわらなければ、百均のローラーでも十分に効果が出るのではないでしょうか。ただし使い方によっては、痛いと感じることがあったり、壊れやすいです。

百均のローラーも高額な美顔器ローラーも即効性はありますが、数時間でもとに戻ってしまいます。大切なのは、続けること、継続して美顔ローラーを使うことで血行やリンパの流れが改善され、その結果新陳代謝がアップされて肌が引き締まって小顔になります。

「マウスピース」で小顔になる

小顔対策のマウスピースは、時々テレビなどでタレントさんやモデルさんが使っているのを紹介しているのを見かけます。

口の端から端まで届く、少し曲がった棒のようなものを唇にあてがい固定して「ウ・イ」というように唇を動かすと棒が唇の動作に合わせて伸び縮みするのですが、伸び縮みする際に負荷がかかり口角筋を鍛えることができるというものです。

口角が上がった口元は表情が明るく見え、何より老け顔防止に大きな効果があります。

口に咥えるタイプですと、マウスピースをくわえて「あいうえお」と発生して表情筋を鍛えるグッズがあります。これは口を大きく開けた状態の唇の形をしたもので、強制的に口を大きく開けてトレーニングします。
これはちょっと人には見せられないトレーニングかもしれません。

「マッサージ」で小顔になる

フェイスマッサージは力の入れ方に注意が必要です。額や頬、アゴはしっかりと圧力をかけ、目の周りなどデリケートな部分はやさしくなでるように行います。

首のリンパマッサージの後に行うのが効果を引き出すベストなマッサージ方法です。

「額」は親指と小指を除く3本の指の腹で、額の中央を強めに押しながらこめかみまで、左右に少しずつ間隔をあけながら、押します。こめかみまで来たら力を少し抜いて弱めに押します。これを3~4回繰り返します。

「口まわり」は、中指と薬指でアゴの下から始めて、鼻の下まで強めにプッシュし、そのまま逆のコースでアゴの下までプッシュ。を3~4回繰り返す。

次に小鼻の横の溝に中指の腹を押し当て、15往復ほどゆっくりなでます。人指し指、中指、薬指でアゴをはさんで、耳の下まで引き上げます。左右交互に3~4回繰り返してください。

「目の周り」は中指の腹で目じりから目の下、目じりというように目の周りをソフトになでます。まぶたの上を通るコースと眉毛のすぐ上を通るコースを入れます。眉と眉の間も軽く押して、そのままこめかみに指をすべらせます。

次にこめかみを軽く押さえて指を耳の前まですべらせて、やや強く押さえます。次にフェイスラインに沿って耳下腺まで指をすべらせます。目のマッサージからの動作を3~4回繰り返します。

「頬」は親指と小指を除く3本の指の腹で押しながら、目の下、こめかみ、頬の外側、アゴ先と指をすべらせていきます。次にアゴ先から目の下に向かって、筋肉を持ち上げる。これを3~4回繰り返します。

次に先の3本の指の腹で、鼻の脇からこめかみに向かって、頬を吊り上げるように指を滑らせます。これも3~4回繰り返します。

最後にもう一度首のリンパマッサージを行ってください。

どなたの家にもあるスプーンを使って小顔を作ることができます。

用意するのは普通のカレースプーンとクリームだけです。
クリームを顔と首にのばしておきます。
スプーンは丸い背の部分を使用します。
力加減は気持ちがいいと思う程度。

スプーンの背の部分で耳の後ろから鎖骨まで3回ほどさすります。

逆のコースでも3回行います。

アゴからこめかみに向かって3回。

目の下からこめかみに向かって3回。

目の上からこめかみに向かって3回。

おでこからこめかみに向かって左右それぞれ3回。

以上ですが、スプーンを冷やしたものを使うと効果がアップするそうです。
こめかみには、リンパ管の中継点あるため、こめかみに向かってマッサージするのが効果的だといわれています。

顔以外の全身のダイエットには痩身エステのキャビテーションも去年ぐらいから人気がありますね。

どうすれば小顔になれる?

誰もが憧れる小顔ですが、骨格を削ってまで小顔になりたいと思う方は少ないと思いますが、様々な小顔グッズが販売されています。百均で売っているようなものから、大手メーカーの高額な美顔器まで、ネットで検索すると小顔グッズであふれています。

そんな道具を使わなくても、普段の生活の中でも小顔トレーニングができます。人の顔の表情筋は通常、20~30%程度しか使われていない状態だといわれます。なんと70~80%は使われていないのですね。使われない筋肉は衰退してしまいますから老化の原因になっているということです。これは使わなければいけません。

顔の表情筋を動かすことを意識した生活をするだけで、小顔になれるならやらない手はありません。体調が悪くても顔に出てしまいます。
やはり顔の印象って大切ですね。

「自分はなぜ、小顔じゃないの?」、「小顔になりたくてもなれない」、「これから小顔に挑戦する」という方は、顔が大きく見えてしまう原因などを知っていれば、小顔になる努力の励みになるかもしれません。

そもそも顔が大きく見えてしまう原因は、

1.顔に余計な脂肪がついている
簡単に言うと、カラダが太っている人の多くは、顔も太っていますね。
この場合、ダイエットや運動をして痩せることで、体も顔もスリムになると考えられます。

2.顔に余計な筋肉がついてしまっている
顔が太っている状態と似ていますが、脂肪ではなく筋肉なので、固くてごつごつしてイカツイ感じに見えてしまいます。歯を食いしばることが多かったり、歯ぎしりが癖になっていると、余計な筋肉がつくことがあります。日常生活の中でストレスが溜まっていないかなどを見直す必要があります。

3.むくみがある
これは多くの人にいえる状態です。その日によってむくみ加減は違うので、スッキリしていることもありますが、前日お酒を飲み過ぎた、寝不足、ストレス、などなど、むくみの原因はたくさんあります。また、栄養の偏りから新陳代謝が低下して血流が悪くなり、老廃物が滞っていることもむくみの原因です。
生活習慣や食生活の改善でむくみを解消すれば小顔を取り戻せるかもしれませんね。

4.必要な筋肉が減少
筋肉がつけ過ぎてもよくありませんが、筋肉が少な過ぎても顔が大きく見えたり、老け顔になってしまいます。
日常、おしゃべりをあまりしない、笑うことが少ない、瞬きが少ないなど表情筋を使わないと必要な筋肉が衰退してしまいます。表情豊かな生活をするようにしたいですね。

歪みを矯正して小顔に
左右対称の顔が美人、美男と言われます。自分の写真を見て「あれっ!」と思ったことありませんか?

左目が右目より下がっている、笑った口元の口角の角度が左右違ってる、フェイスラインの左右のシャープ加減が違っている、など歪みを発見してガッカリしたことはありませんか?

眉の高さや鼻の曲がり、口のゆがみなど左右異なっているのは、歪みがあるからです。顔の歪みの原因は、

・いつも同じ側ばかりで噛むクセがある
・よく頬杖をつく
・同じ側を下にして寝る
・歯を強く噛みしめるクセがある

などです。これらを意識して生活することで、歪みが改善でき小顔効果が期待できます。難しいことではないけれどクセなので、治すには続ける努力が必要ですね。

なぜ小顔がモテる?

テレビや雑誌などで小顔のモデルやタレントを「可愛い」「美しい」と、紹介していることがあります。その際必ず「顔がちっちゃいネエ~!」と言っています。

マスメディアが、「顔が小さい=可愛い・美人」というとらえ方で、美人の規格を決定しているので、それを見ているものは、小顔は可愛い、美しい人は小顔でなければいけないのだ、と思い込んでいる節もあります。

小顔ではないけれど、美しい方はたくさんいます。最終的にはその人の内面から出る人柄や性格が、その人を美しくも醜くも見せるのです。しかし、人と人の出会いはまず顔を合わせた瞬間の印象ですね。

となると、見た目が可愛い・美しい、ということは、とても強い武器を持ったようなものです。
小顔になる方法は実に豊富にあります。後は自分に合う方法を探し出して実行するだけです。

身体全体を見て、やっぱり小顔だとバランスがよく見えますね。
身長が低い人が高いヒールを履くのは、バランスをよく見せたいから。

となると、顔が小さいのは、とても有利になりますね。人が美しく見えるバランスの配分は頭を1としたら、1対9とも言われます。また日本では1対8、いわゆる8頭身美人といわれる所以です。

しかし、小顔がモテる理由は古来からあったと言われます。
人類が小作りのパートナーとして小顔の異性を好んで選んでいたという説を唱える科学者がいます。

なぜ子孫を残すために小顔の異性を選ぶのかという理由ははっきりしませんが、しいていうなら、健康でより優れた子孫を残そうとするので、なるべく骨格の歪みが少ない、左右対称の体を持った異性を選ぼうとするからという説があります。

骨格に歪みの少ない人の顔には余分な脂肪や、たるみが少ないため小顔の人が多いと言われていますから、知らず知らずのうちに小顔の人を好むようになったということです。