小顔になるために気をつけること

日本人は顔の表情筋を20%程度しか使っていないといわれています。
喜怒哀楽を顔に率直に表す欧米人にくらべると、日本人は控えめだと言われます。使われない筋肉は固く凝った状態になります。

肩こりのように顔こりが生じるのです。それは悪いことに凝ったという自覚症状がないこと。頬やアゴのあたりを触ってゴリゴリした固いかたまりがあれば、それが「こり」だと考えられます。

顔こりは、笑ってもその部分がグイッと盛り上がったりして、いかつい感じを与え、女性の場合は好ましいものではありません。またこりの分だけ顔が大きく見えてしまいます。フェスラインもすっきりしません。

よく喋り、よく笑い、時には意識して大きく口を動かす、入浴タイムに「あ・い・う・え・お」、「A・B・C・D」など口角を意識した発音と舌の筋肉も鍛えましょう。

食事はよく噛み、両側の歯を使うようにしたり、スルメのような硬いものやガムを噛むのもいいでしょう。小顔ダイエットは日常生活の改善から始めてみましょう。

小顔に憧れて様々なグッズを試している方が多い中、特別なケアをしなくても生活習慣の改善で引き締まったフェイスラインを保っている方がいます。

顔が太って見えてしまう大きな原因のひとつに、むくみが挙げられます。

偏食や食生活の乱れ、飲酒(特に就寝前の飲酒)、生理不順、便秘などを改善するだけでも小顔に近づけ、体の健康にも効果があります。

顔太りの殆どの方が体も太っています。体に比べて顔だけが太っている人は、水分の代謝が悪い傾向にあります。その対処法は血行を良くして代謝を上げる必要があります。

・食事は薄味を心掛ける、食べるときはよく噛むことでアゴの筋力を強くする、ガムなどを噛んだりすることもフェスラインをスッキリさせることができます。

・飲酒は水分代謝に関わるビタミンB群などのミネラルを排出、消耗するため、むくみの原因になります。

・便秘はむくみの原因のひとつです。繊維質食材を多く摂り、腸の動きが良くなるようにストレッチなどでケアする。

・一日中立っていると、体がむくんできます。末端の血液を心臓に戻すために1日に1回逆立ちをする。仰向けに寝て両足を上げて、肩立ちをするだけでも効果があります。

【美容情報】
キャビテーションのダイエット効果とは?
【ダイエット診断】 あなたの“痩せない理由”がすぐわかる!│ダイエットプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>